インフォメーション
  • 製品紹介
  • 導入事例
  • FAQ
  • MTULabo
  • ダウンロード
評価版ライセンス申込 有償版利用申込(見積依頼) MTU Advance

バージョン 3.06 をご利用のお客様へ

公開日 2015-01-29
更新日 2015-01-29

旧製品の保守サポート契約更新が間もなく終了します

  • 旧バージョン 3.06 (以下v3)は誠に勝手ながら 2014年6月30日をもちまして販売を打ち切らせて頂きました。
  • 販売を打ち切らせて頂いた製品の保守サポート更新は2年間可能ですので、2016年6月30日以降はこのバージョンの保守サポート契約更新をお引き受けする事が出来なくなります。
  • 継続してMTUをご利用になるお客様は現行バージョンのv4.2またはv4.1(以下v4)へのバージョンアップをご検討ください。v4 については当面のところ、販売打ち切りの予定はございません。

v3 と v4の違いについて

  • 機能的上位互換性維持
    但し、前提とするシステム要件が変更になりましたので、バージョンアップ時には予め製品紹介ページでご確認ください。
  • ライセンス認証
    製品をインストールした後、使用する前にライセンス認証(アクティベーション)を取扱説明書に書かれた手順通りに実施する必要が加わりました。ライセンス証書1枚に対して使用するコンピュータを1台、事前に決めて頂く必要がございます。
  • 物理コア数に基づく従量制のライセンス料金
    v3は物理コア数に関係なく、インストール1台当たりのライセンス料金が固定でした。v4 は物理コア数に0.5を掛けて端数を切り上げた数のライセンス・キーが必要となります。お見積り/ライセンスご購入の際にはお使いになるコンピュータのプロセッサ型番、物理コア数、及びプロセッサ搭載個数をお知らせくださいますようお願い申し上げます。
  • 保守サポート契約について
    同一事業所内、または同一データセンター内で使用する複数のコンピュータに対してライセンスされている場合、ライセンス・キーの合計数に基づくライセンス保守料をお支払い頂ける場合に限り、契約をお引き受けいたします。

ライセンスとサポート契約のポリシー

詳しくは下記の記事をご覧ください